母乳育児が産後ダイエットになる理由とは

産後にダイエットで一番身近なやり方は、母乳育児をすることです。
母乳を赤ちゃんにあげていると、体型の戻りがよいようです。
ですので、産後に手軽に痩せたいと思う方は、母乳育児を積極的に行うとよいでしょう。

出産を機に、女性の体は妊娠前の状態に戻ろうとする機能が働きます。
母乳を飲ませることによって、大きくなった子宮がもとに戻るスピードも速くなります。

おっぱいを吸われるとプロラクチンというホルモンが働きます。
このホルモンは、妊娠や出産に欠かせないホルモンで、母乳生成にも大きく関わっています。
また子宮収縮を進める働きもあります。
だから母乳育児を行うと子宮の戻りが早くのなるのですね。
子宮が収縮してくれると、ウエストがほっそりとさせる働きが加速するので、ダイエットとしての成果も期待できます。

また、母乳をあげることで、700キロカロリーも消費すると言われています。
運動で700キロカロリーを消費するには、1時間以上のジョギングを行わなければならず、かなりの運動量を要求されます。
母乳育児を行うとどれだけ効率的にカロリー消費できるかが分かります。
これを活かさないのはもったいないですね。

母乳育児でダイエットを進めるためには、母乳の出を良くする食生活を心がけることが大切です。
母乳には赤ちゃんが病気にかかりにくい成分が含まれ免疫力を強化してくれるので、なるべく与えた方が良いとされます。
子育てと産後ダイエットを両方スムーズに進められるよう、母乳の出やすい生活を意識していきましょう。

産後ダイエット関連情報

赤ちゃんに母乳をあげることが、産後ダイエットに繋がることをご存知ですか?
母乳育児が産後ダイエットになる理由をご紹介しています。